手紙の魅力を考える

Çブログ未分類手紙の魅力を考える

「手紙」には不思議な力がある。

デジタル社会のなかで、手書きである「手紙」が各方面で見直されている。

それは何故でしょうか。

手紙は手紙、そのまんま昔からの伝達手段。

今や時代遅れで、その目的はメールにはかなうまい、と思う人が大半ではないでしょうか。

伝達手段としての役割だけなら、メールと比べスピードは遥かに劣る。

ただ考えれば考えるほど、手紙にあってメールにないものの多さに驚く。

文字を打つより時間がかかる手紙のひと手間に人は心を揺さぶられる。

「その人のためだけに書く」書き手の優しさに強いメッセージ性を感じるのだ。

また、手紙は相手へ誠意や熱意が伝わりやすい。

お礼をするとき、お祝いをするとき、お詫びをするとき。

どんな文章でも、手書きで心を込めて書くことにより、自分の気持ちが相手に伝わる。

手紙は想いだけでなく、その人の人柄を伝えるものでもある。

書く側が投函する前に何度も何度も読み返すことができる。

もらう側も、手紙はいつまでも保管しておくことができ、年月がたっても何度でも読み返すことができる。

もらった人にとっては宝にもなるうる可能性だってある。

スピード化が進んでいるからこそ、自らの手で書き時間をかけて想いを伝える時間。

手紙がくれるゆっくりとした時間を現代人は求めているのかもしれない。

そう考えると、無性に手紙が書きたくなった。

ずいぶん昔に傷つけてしまったあの人へ。

ちょっとした行き違いで疎遠になってしまった昔の友人にも。

あと、お世話になったあの人にも書きたい。

さて、まずは過去の自分への手紙を書いてみようか。