自己紹介

Ç自己紹介

ご挨拶

代表   杉浦 和也

当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。杉浦代筆店の杉浦和也と申します。1974年生まれ、団塊ジュニア世代・アラフィフです。

家業でもある不動産業・店舗経営に20年ほど携わり、老若男女、沢山の業種の方々に接してきました。バブルがはじけた後のタイミングで名古屋の繁華街・栄エリアを中心に仕事をしてきたこともあり、複雑な背景、繊細な事情を抱える人々との出会いも、人一倍多かったように思います。

清濁併せ呑みながらの経験を重ねる中で ・・・ 多くの人にとって、素朴な温かみ、純粋であった子どもの頃の原体験となるような、清い思いが心を動かすのだなということを感じ続けてきました。同時に、素直に・ストレートにそれを表現できる人はそれほど多くないのだということも。

前に進む勇気を、この言葉で

かくいう私も「もっとうまく伝えられれば、表現できれば」というところで苦しんできた過去があります。自分を変えるため、少しの勇気を行動に移し、京都で代筆屋として活躍しておられる中島泰成先生に師事しました。言葉を選んで伝えること、文章を書くことの奥深さと、それを可能にする人間力形成の大切さを学びました。

中島先生を含め数多くの方々に恩を感じておりますが、なかなか直接の恩返しが叶わない部分もあります。しかしながら、他の誰かの ・・・ 想いを上手く伝えられなくて悩んでいる方々の背中を押すことが出来れば、広義の恩返しになるように思います。

多くの人に助けられてきた自分にも、いよいよ誰かの背中を押す番が回ってきました。代筆業を通じて依頼人様に貢献しながら、私自身も小さな勇気を行動に移してゆきたい所存です。

後戻りせず、前に進む勇気を

プロフィール

好きな言葉 感謝、不撓不屈、格物致知
趣味 ペット(ビーグル犬)と遊ぶこと、野球、散歩、洋食器集め、食べ歩き、ひとり呑み
好きな映画 バッファロー’66、手紙
  • 不撓不屈(ふとうふくつ)… 強い意志を持ちいかなる困難や失敗にもくじけないこと
  • 格物致知(かくぶつちち)… 事物の道理をきわめ学問・知識をたかめること

理念

  1. 雑草魂
  2. 思いやり
  3. 勇気

原点エピソード

私の原点は「雑草」

「雑草」

雑草を引っ張った。
抜けない。
雑草を引っ張った。
びくともしない。

地面をスコップで掘り起こしてみた。
雑草は地中に根を張っている。
雑草は地球にでんと座っている。

――この詩は私が小学6年生のときに書いたものです。

何かの賞を取った記憶があるのですが、ハッキリとは覚えていません。ただ、この詩を思い返すたびに「雑草」の力強さに魅かれた幼い頃の気持ちを色鮮やかに思い出します。

地中に根を張り、踏まれても踏まれても光の差すほうへ立ち上がっていく ・・・ そんな「雑草」に心を揺さぶられた当時の感覚を。

仰げば尊し

当時の担任の先生は高橋良明先生という文学に詳しく心温かな素晴らしい人格の方で、クラス全体で詩に取り組んだ憶えがあります。ちなみに高橋先生は、あのマラソンランナー・高橋尚子さんのお父様です。

その後中学に上がった杉浦少年は、先輩から殴る蹴るのイジメを受ける、中学の先生はそれを見てみぬふりをする ・・・ など辛い日々を送ったわけですが、雑草魂で学校を休むこともなく、自分なりの勇気を貫き通すことが出来ました。

杉浦代筆店を始めるにあたり、改めて高橋先生に受けた影響がかなり大きいことに気が付きました。

先生がこの詩を褒めてくれたことはすごく嬉しかったですし、それをコンテストに出してくれて賞につながったことは、確実に自分の自信に・力になってきたのだと、振り返ってみてもそう思います。

小学校を卒業してから33年。その恩師である高橋先生に手紙を書きました。今の自分の素直な想いを綴り、ポストに投函したときの晴れやかな気持ちは ・・・ 数十年後、老いて死ぬときにも鮮明に思いだせるような気がしています。

想いを伝えるなら、今

手紙はそれを受け取る人のことを慮りながら書くものですが、同時に書く側の気持ちを整理し、心からの想いを伝えることによって、肩の荷を下ろしたり、心の中に積もった澱を払拭したりする不思議な効果があります。

想いを伝えることが出来るのも、相手あってこそのもの。素直になれない時間を紡いだ結果、機を逸して後悔が後悔を呼ぶことになってしまうことだってあります。

思い立ったが吉日。伝えたい想いを形にすること、勇気を行動に移すことには、大きな意味があると考える次第です。

事業者概要

屋号 杉浦代筆店
事業形態 個人事業主
代表 杉浦 和也
TEL 090-6615-0790
E-mail » お問い合わせフォーム からお送り下さい
住所 〒 460-0008  名古屋市中区栄1-22-2-225

お問い合わせは

Tel: 090-6615-0790

または
É こちらのメールフォームで