代筆屋とは

Ç代筆屋とは

代筆屋とは、端的に言うと「文面を考案・推敲する仕事」です。

お礼、お詫び、祝辞、プロポーズの文章、そして復縁の手紙など「ここぞ」というとき。

依頼人様の想いが最大限受け手の心に響くよう、渾身の力でお手伝いさせていただきます。

こんな時にご依頼ください

個人的な想いを伝えたい

  • ラブレター、プロポーズの言葉
  • 夫婦関係の修復 / 復縁の手紙
  • 結婚式の祝辞をバッチリ決めたい
  • 恩義を受けた人にお礼、感謝を伝えたい
  • 会ってくれない相手にお詫び状を書きたい

仕事で文章考案が必要

  • イベントの挨拶文を考えなければならない
  • スピーチの原稿をブラッシュアップして欲しい
  • クレームでお詫び状を書かなければならない
  • ホームページに載せる文章が浮かばない
  • 心を動かすキャッチコピーを書きたい

心のこもった言葉、手紙の力

当店で扱う文章は手書きに限らないのですが、「特定の誰か」に想いを伝えるには、手書き・手紙に勝る手段はないように感じております。

行間に書き手の人柄が滲むことは勿論、その手紙を書いてくれた瞬間の心の動きをも相手方に想像させる力を持つからです。

皆様、一年間で ・・ 手紙をどれほど書かれますでしょうか? あるいはここ十年間で、肉筆の手紙を何通書かれましたでしょうか。私の考える手紙の力、魅力について少し記します。お付き合いいただければ幸いです。

数千年の歴史を持つ「手紙」

メソポタミア文明で楔形文字が生まれてから5500年余り。”言葉を文字で刻む” 行為は、記録を残す手段としてはもちろん、遠く離れた相手にも正確に用件を伝えられる手段として画期的な発明でした。粘土板から紙に手段を変えて生まれた「手紙」は、まさに古今東西、人々の思いを受け手に届けてきたわけですが ・・・

1990年代、その数千年に及んだ手紙文化に転機が訪れます。Windows95が連れてきた E-mail、i-modeとともにやってきた携帯メールが、伝達手段の主役に躍り出ました。

インターネットの普及は、伝達手段の変化という点において、楔形文字の発明に次ぐ大革命ではないかと思います。またたく間にアナログ手段の大部分は代替され、今や速達性の高い電子データのやり取りが、人々にとっての「当たり前」になっている状態です。

手紙を書く機会は … そんなに多くはないですよね (^_^;

だからこそ、特別な「手紙」

そんなデジタル全盛の時代だからこそ、肉筆の手紙には特別なものがある … という感覚は、多くの人に共通するのではないでしょうか?

同じ文面だとしても、バックライトに照らされた画面に映るメールやLINEとは、違うニュアンスをもって心に響きますよね。

しかしながら、生活にデジタルが浸透してからわずか25年ほどの間に「手紙を書くこと」のハードルは、かなり高くなってしまったように思います。

ハードルが上がった「手紙」

LINEなら端的な言葉を送れる。既読も付くし、不足や誤解があればすぐ補足できる。

でもメールだと、ちょっと考えて文面を組み立てなきゃいけない。ましてや手紙となると・・・

それこそデジタル風に記すなら

LINE < メール << | 越えられない壁 | << 手紙

ぐらいの感じでしょうか。

貴方の勇気を応援します!

貴方の勇気を応援します

杉浦代筆店では(今や特別な伝達手段となった)手紙の力を最大限引き出しながら、依頼人様が相手に思いを届けるためのお手伝いをしています。

依頼人様からいただいた、伝えたい内容・草稿をジックリ推敲し、より思いが伝わりやすいような言葉を選び、心を込めて文面をアレンジさせていただきます。

当方アレンジの原稿をもとに、依頼人様自身の肉筆で手紙を書きあげてください。

お詫び状、お礼状、プロポーズの文章、そして復縁の手紙 … デジタルでは伝わらない、特別な思いが伝わるのではないかと思います。


ご依頼の流れ

ご相談からご依頼、代筆原稿納品までの流れを記します。まずはお気軽に問い合わせください!

メニュー・料金

主な目的・用途別のメニュー・料金を記します。ご覧いただければ幸いです。

お問い合わせは

Tel: 090-6615-0790

または
É こちらのメールフォームで